時代のキャンパスを彩る、株式会社ピー・ファイブ

qrcode.png
http://p-five.jp/
モバイルサイトにアクセス!
008461
株式会社ピー・ファイブ
〒232-0014
神奈川県横浜市南区吉野町3-7-4
SICビル5F
TEL.045-261-9033
FAX.045-261-9166
○建築業(リフォーム・新築工事
 リノベーションなど)
○不動産業(コンサルティング
 賃貸人募集など)
 
 

シャンテームシリーズ

 

シャンテームシリーズとは?

シャンテームシリーズとは?
 
シャンテームシリーズの魅力
シャンテーム上大岡
 弊社がご提案する3階建て賃貸アパート「シャンテームシリーズ」は、在来木造建築を基本構造に設計を行う都市型木造アパートです。これまでの木造アパートの概念を払拭し、外壁には耐火性に優れた天然石材を使用するなど、鉄筋コンクリート造りを思わせる重厚かつ高級感漂う外観を実現しました。
構造計画は高層建築と同じ手法で綿密な構造計算に裏打ちされており、
国土交通省個別認定構造なので、これまでにない強度は実証済み。
耐震性に優れ、風にも強い堅固な設計となっています。
また、弊社独自のハイブリッド工法(準耐火構造認定)により
低コスト建築を実現。
2階建ての予算で3階建て木造アパートの建築を可能にしました。
 
鉄筋コンクリート造を思わせる重厚かつ高級感漂う外観
外壁には耐火性に優れた天然石材を使用し優雅さも演出
都市型共同住宅にふさわしい充実した設備を標準装備
国土交通省個別認定構造だから耐震性にすぐれた建築
弊社独自開発のハイブリッド工法で低コスト建築を実現
鉄筋コンクリート造と比べ固定資産税・都市計画税が軽減
減価償却費は鉄筋コンクリート造に比べ半分以下に優遇
   鉄筋コンクリート造 償却47年 木造建築アパート 償却22年
土地の大きさや形態に合わせてフレキシブルに対応可能
大型の建設機器や広い作業スペースが不要で低コスト化
 

木造三階建て賃貸住宅はどこが違う?

木造三階建て賃貸住宅はどこが違う?
 
これまでとは構造が違う木造三階建て賃貸住宅
 弊社がご提案する3階建て賃貸アパート「シャンテームシリーズ」は、在来木造建築を基本構造に設計を行う都市型木造アパートです。これまでの木造アパートの概念を払拭し、外壁には耐火性に優れた天然石材を使用するなど、鉄筋コンクリート造りを思わせる重厚かつ高級感漂う外観を実現しました。
構造計画は高層建築と同じ手法で綿密な構造計算に裏打ちされており、国土交通省個別認定構造なので、これまでにない強度は実証済み。
耐震性に優れ、風にも強い堅固な設計となっています。
また、弊社独自のハイブリッド工法(準耐火構造認定)により低コスト建築を実現。
2階建ての予算で3階建て木造アパートの建築を可能にしました。
 

木造建築だからできる、資産に負担をかけない資産運用

木造建築だからできる、資産に負担をかけない資産運用
 
 もともと事業用資産としてのアパート経営は土地の有効活用の面で税金対策としても優遇されていますが、都市型木造3階建て賃貸アパート「シャンテームシリーズ」の場合は木造建築ならではのメリットがあります。鉄筋コンクリート造と比較した場合、木造建築は建築費の低コスト化、固定資産税・都市計画税の低額化が可能となります。さらに不動産所得の計算上、必要経費の中で一番のウエイトを占める減価償却費の面でも大きく優遇されています。
それは鉄筋コンクリート造が償却47年なのに対し、木造建築の場合は償却22年と半分以下、節税効果は抜群です。まさに資産に負担をかけない資産運用なのです。
 

土地の大きさや形に合わせてフレキシブルに対応

土地の大きさや形に合わせてフレキシブルに対応
 
これまでとは構造が違う木造三階建て賃貸住宅
  敷地のボリュームが不足、事業資金が足りないと
       諦めていませんか?
 
鉄筋コンクリート造の場合、鉄骨材は工場で加工し現場で組立てるため建設機器が
大型で広い作業スペースと隣接する道路が必要となります。
しかし木造建築なら現場での加工組立が可能なので、現場の状況に柔軟に対応ができ、
余計なスペースも費用もかかりません。
 

標準仕様書

標準仕様書
<<株式会社ピー・ファイブ>> 〒232-0014 神奈川県横浜市南区吉野町3-7-4 SICビル5F TEL:045-261-9033 FAX:045-261-9166